メンズオフィスカジュアル着こなし術! 2014年春夏



2014年の春夏のメンズオフィスカジュアルについて。

メンズウエアのコレクションで多用された柄でのうちのひとつにリバティプリントがあります。

元々は英国のリバティ社製の生地(手触りが非常に良い上等な生地です)を指していましたが、今は小花柄全般をそう呼ぶようになりました。

レディースウエアやハンカチ等の小物で人気のリバティプリントですが、私はメンズアイテムとして取り入れているスタイルも好きです。

ヨーロッパのスナップなどでおしゃれ紳士が花柄シャツをバッチリ着こなしているのが良いですね。

日本でも、ポールスミスのシャツなどでよく使われている柄ですが、襟やカフスが花柄、若しくはシャツ全体が花柄、というのは、ちょっと日本のオフィスでは着るのが難しいかもしれないです。

そんな時は、襟やカフスの裏に花柄生地を使っているシャツを取り入れてみてはどうでしょうか?

一見すると無地のシャツのカフス裏や襟の裏から、何かのタイミングでちょっと花柄が見えた時に、「あ、この人おしゃれだな」と思われるかもしれないです。(特に女性はそういったディテイルに注目するものなので!女性からの高感度は高いかもしれません。)

また、クールビズの季節になると、ノーネクタイのコーディネイトがなんとなくきまらない時があると思いますが、花柄のチラ見せがネクタイの代わりにアクセントになったりします。

チラ見せ程度なら、少しくらい派手な色でもOKだと思います。

ワードローブに無い色にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

仕事以外のカジュアルファッションでは、キレイめカジュアルがおすすめですが、サラリーマンは月曜日から金曜日までの平日は仕事ですからね。

しかも、仕事帰りの合コンやデートと言ったら、やっぱりスーツが多いのかな。

でも、女性は、スーツの着こなしよりも、カジュアルファッションをお洒落に着こなすかで、その人のファッションセンスを見て、彼氏の候補になるかどうか、見ているかも知れませんよ。

ノーネクタイ、クールビズは一見すると、フォーマルから離れて楽になりそうですが、お洒落的には、かなりハードルが高くなっていくのかも知れませんね。


posted by キレイめスタイル at 12:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィスカジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする