暑い夏を乗り切るオシャレなクールビズシャツ

「クールビズ」のという言葉が生まれてから8年が経ち、日本企業では夏はノーネクタイ、ノージャケットが一般的になりましたね。特に東日本大震災以降は節電のためにそれが強化され、「スーパークールビズ」なんて言葉が出てきて、アロハシャツが推奨されたりしていましたが。。

そんな感じで、定着しているクールビズですが、まだまだ着こなしで迷っている方も多いみたいです。シャツ1枚だと、ちょっとだらしなく見えてしまったり、ネクタイが無いと物足りないという意見もちらほら。そこで、クールビズのシーズン向けの、1枚でも格好良く着られるシャツを紹介します。

1. ホリゾンタルカラーシャツ

ホリゾンタルカラーのシャツ

ホリゾンタル(HORIZONTAL)というのは英語で「水平の」という意味です。文字通り、前から見たときに、シャツの襟の角度が水平に近いくらい広がっているものです。ノーネクタイの時の悩みのうちの一つに、襟がだらしなく寝てしまうことがあるかと思いますが、ホリゾンタルカラーなら、襟が適度に開いたまま固定されるのでパリっと着られます。最近は若者向けにコンパクトなホリゾンタルカラーのシャツも出ています。


2. ボタンダウンシャツ

ボタンダウンのシャツ

ボタンダウンはもうクールビズの定番になっていますね。襟先にボタンがついているので、襟がだらしなく寝てしまうことはありません。最近はボタンやボタン糸がカラフルなものも多く出ていて、ネクタイ無しのクールビズスタイルのアクセントにもなりますね。

最近では、クールビズというより、オフィスカジュアルといった感じで、もう少しカジュアルな感じが多いようです。特にオフィスカジュアル 男性は、ネクタイを外しただけになってしまいがちですが、ボタンダウンのシャツや、ホリゾンタルカラーのシャツなどを混ぜながら、きれいメファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

冬のお洒落は、コートやジャケットなど費用がかかりますが、夏の場合は、シャツやパンツでファッションが楽しめるので、クールビズやオフィスカジュアル初心者の方も、色々なシャツやパンツ、ベルトなどを組み合わせて、洋服を楽しんでみるのもいいかも知れませんね。
posted by キレイめスタイル at 21:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィスカジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。