クールビズとオフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)の違いは?

クールビズでの出社でOKだよ!

って言われたら、どんな服装で出勤しますか?

最近では、クールビズというより、オフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)と言った言い方がのほうが定着しているようですが、私の中では、イメージが違うような気がします。

ここでは、私なりの勝手な解釈を元に定義してみます。


クールビズとは?

スーツ上下、ワイシャツ、ネクタイ、ビジネスシューズといった昔のスタイルからネクタイを外したノーネクタイのスタイルがクールビズです。フォーマルなスタイルから派生した簡易バージョンといった感じです。

お洒落やファッション性重視というより、エアコンの温度を少しあげるエコのためといった感じで、総理大臣をはじめ、政治家の方々が主導になってやっていった感じですね。


オフィスカジュアル(ビジネスカジュアル)とは?

クールビズがフォーマルから派生しているのに対して、きれいめファッションといったカジュアルファッションから派生しているのがオフィスカジュアルですね。

男性だけでなく、女性にも当てはまり、オフィスで仕事をするとき、お客さんを迎えるとき、どちらでも対応できて、そのまま定時後プライベートでもきられる服装といった感じです。

レディースのオフィスカジュアルではお洒落な洋服がそろっていますが、メンズのビジネスカジュアルでもお洒落なシャツやパンツがそろってます。

洋服などアパレルに興味がない人にとって、このビジネスカジュアルはちょっと恐怖ですね。特に男性の場合、スーツを着ていれば仕事も合コンも何とかなったものの、オフィスカジュアルになると、ファッションセンスが問われてきます。

特に営業の方は、顧客や先方な方と会うときの洋服が大切ですね。

スーツの場合は、ある程度の費用をかければかっこよくなっていったものですが、カジュアルファッションの場合は、組み合わせが大事になってきますし、

毎日同じような洋服を着ているわけにもいかないですからね。


実際の現場は?

では実際の職場はどうでしょうか? 

あくまでも私が通っているIT系の職場が基準なのですが、上記の定義でいくと、クールビスのファッションスタイルが多いような気がします。

基本的には、スーツ(たぶん青山とか、はるやまなんかが多いんじゃないかな)に、ちょっとカジュアルっぽいワイシャツ、パンツではなくスラックスに革靴といった感じです。

たまにジーンズ、カジュアルシャツ、スニーカーなんて人もいますが、かなり浮いている感じです。


明日からは、オフィスカジュアルでいいよ!

なんて言われて困っている人がいたら、まずはワイシャツではなく、ちょっとだけカジュアルなシャツにチェンジしてみては以下かでしょうか?

基本的には、きれいめ系のシンプルなデザインはオックスフォードのシャツ、ボタンダウンといった感じで、その中から少しずつ遊びの要素を加えていってはいかでしょうか。

男は外見よりも中身が大切!

と言っているあなた

女子は、まずは外見でかっこいい人、好みの人をみつけて、
その人の中身を見ますよ。

外見がNGだったら、就職試験の書類審査落ちと一緒でもったいないです。

きれいめカジュアルのようにコーディネートされたカジュアルファッションを紹介しているサイトも増えてきているので、少しずつファッションにも興味を持ってみてはいかがでしょうか。
posted by キレイめスタイル at 15:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィスカジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。