クールビズに最適なシャツ選びは? 綿、麻(リネン)、クールマックス

クールビズの季節になりましたが、男性はシャツを着ないといけないんですよね。

高温多湿の日本の真夏に襟付きの服を着て通勤しなきゃいけないなんて、本当に大変です。

そんな中、少しでも快適に夏を乗り切る為の、夏用シャツの素材を紹介します。あくまで体感温度や着心地の話になってしまう部分もありますが、うまく使うことで、オフィスで快適に過ごせるかも知れませんよ。

<クールマックス>

クールマックス

数年前から流行ってますね。スポーツウエアやカジュアルウエアなど、色々なスタイルの服に採用されています。生地がサラッとしていて着た時に涼しく感じます。実際の機能としては、通気性が良いこと、汗を素早く吸ってくること、それから素早く乾かしてくれることがあります。また、合成繊維が入っているので、洗濯のときに軽くシワを伸ばして干せば、アイロンがけ無しでも着られると思うので、一人暮らしの男性にとっても便利ですね。


<綿>

綿100%の生地で出来ているシャツは、アイロンがけをしないとシワシワで着られないですよね。アイロンがけが面倒であまり着ないという人も多いかもしれませんが、この夏は是非着てみて下さい。天然素材の生地は、水性と通気性に非常に優れていると言われています。肌触りも、普通のポリエステル混の生地よりも良いと思います。


<麻(リネン)>

麻のシャツ

麻もまたアイロンがけが面倒な素材なのですが、見た目も着心地も涼しさではNo.1だと思います。汗を吸い取ってくれますし、何より通気性が良いです。体感の話になりますが、個人的にはとっても涼しく感じます。ちなみにリネンとは麻の種類のことです。麻なのにチクチクせず、肌触りが良いです。最近は無印良品などでもリネンシャツが低価格で売られているので試してみてはどうでしょうか。


最近は、オフィスカジュアルが浸透してきて、スーツにネクタイ、猛暑の中、ジャケットまで羽織っている人は少なくなってきました。

オフィスカジュアルやクールビズは、エアコンの温度を控えめに設定できるなど、エコの視点でもメリットは大きいですが、実際に働く会社員の方にとってのメリットも大きいですね。

でも、ただ単にスーツからネクタイを外しただけでは、だらしなく見えてしまいますよ!

ネクタイをしない分、シャツの選び方がポイントです。今回の記事を参考にしながら、職場でもきれいめ系のファッションができるように、シャツ選びにも着目してみましょう。
posted by キレイめスタイル at 15:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィスカジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。