夏向きネクタイで、営業職でも暑苦しく見えないように

tie.jpg

営業職の方などは、夏でもネクタイをする機会がありますよね。得意先に失礼の無いよう、本人はカッチリとネクタイを締めて行ったつもりでも、他人から見ると残念ながら暑苦しく見えてしまうこともあります。
ジャケットはニットやジャージー素材のジャケットを選ぶことは必須ですが、ネクタイも季節に合わせて変えてみませんか?夏でも暑苦しく見えないおすすめのウィズタイスタイルを紹介すます。

1.夏向きネクタイを選ぶ
普段は多くの方がシルクのネクタイを締めていると思いますが、最近良く見かけるニットタイが夏にはぴったりです。ニットタイとは、その名の通り、ニットで出来たネクタイです。セーターのようにざっくり編んであります。見た目が涼しそうな上、つけるとちょっとこなれた感が出ます。ブルー系のストライプがおすすめです。コーディネートのアクセントにもなると思うのですが、シャツもインパクトのある柄のものを選んでしまうとぶつかってしまうので注意が必要です。

bluox.jpg

2.色を変える
単純ですが夏なのでブルーのタイをしてみましょう。素材はいつものシルクではなくてコットンなどの光沢の無いものが良いです。(ウールは暑苦しいのでNGです)おススメはブルーのシャツを合わせることです。ブルー×ブルーなんて微妙なんじゃないかと思うかもしれませんが、こちらもこなれた印象になり、コーディネートがすっきりとまとまります。
何度も言いますが、これらのアイテムを取り入れても、上下黒のスーツのセットアップなどを着てしまうと台無しです。ジャケット、パンツ選びが基本中の基本です。
posted by キレイめスタイル at 19:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォーマルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。