メンズオフィスカジュアルはどこまで許される?シャツやジャケットの合わせ方

jack (1).jpg

仕事では、シャツやジャケットを着ていれば、だいたいどんな場面でも失礼は無いと思いますが、自分が気づいていないところにNGがあったりするかもしれません。

アパレルメーカーに勤めていたとき、接客をする機会も多かったのですが、特に年配のお客様で、若者のオフィスウエアに苦言を呈している方が意外と多かったです。

ピンク→ふざけている。
3色以上のストライプシャツ→派手。

などなど厳しい意見がちらほら。自分ではきちんとした服装をしているつもりでも、年配の方にとってはNGだったりすることもあるようです。

では、仕事でちょっとお堅い企業の方や年配の方と会うときはどんなオフィスウエアを着ていけばいいのでしょうか?

white (1).jpg

一番確実なのは、白いシャツ+ブルーのネクタイです。よく、白いシャツでもストライプ、格子柄など織り柄があるものがありますが、本当に真っ白な無地のシャツが良いです。ネクタイはレジメンタルタイ(斜めの縞模様)で、青系、白以外の色が入っていないものが落ち着いていて良いです。青は爽やかで知的に見えますし、全体を引き締める効果があります。

また、コーディネート以外に注意して頂きたいのが、シャツはもちろん、ジャケットやパンツの皺や汚れです。街中で、せっかくスーツを着ているのにヨレヨレだったり皺だらけだったりする人をよく見かけますが、それではスーツを着ている意味がありません。

ジャケットやスーツは毎日洗えるものではありませんが、普段から簡単に手入れをすることは出来ます。脱いだら型崩れしないようにハンガーにかけ、着る前に皺があればアイロンをかけましょう。また、濃色のジャケットやスーツはホコリが付いていると目立つのでエチケットブラシなどで取り除きましょう。
posted by キレイめスタイル at 19:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィスカジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏のジャケットはジャケパンスタイルでおしゃれに着こなす

夏でも仕事でジャケットを着用しないといけない人も多いと思います。

冬に着ていた黒系のスーツのセットアップのジャケットを着るのは見た目も着心地も暑苦しいと思うのですが、かといって、グレーのスーツも浮いてしまいますよね。そいういう時はジャケパンスタイルです。

ジャケパンスタイルとは、スーツのセットアップではなく、好きなジャケットとパンツを組み合わせて着ることです。


一昨年頃から夏はこのスタイルをしている男性も増えましたね。

とはいえ、どんなものを選んだらいいのかわからない、面倒くさい、という方の為に、失敗しない、手っ取り早くおしゃれっぽいジャケパンスタイルを作る方法を紹介します。

ジャケット

ジャケットは濃い色を選びます。

出来ればニットジャケット (生地がTシャツとかスウェットに使われているのと同じようなジャケット) が良いです。

色は黒、グレー、ネイビーが多く店頭に並んでいると思うのですが、ネイビーがオシャレ感が出ると思います。

ニット素材のジャケットなら着ていて楽ですし、オンでもオフでも着られます。生地がクールマックスのものなどを選ぶと、より快適だと思います。

ジャケパンスタイル

パンツは薄い色。

会社に来ていける色を考えると、ベージュがグレーが良いと思います。

ベージュのコットンパンツが種類豊富ですし、楽でいいと思いますが、個人的にはグレーの方がオシャレ感がアップすると思います。

最近はオリヒカなどに行くと、パンツ単体でかなりの種類が揃っています。

柄がタータンチェックだったり、格子柄だったり、細かいところで印象が変ります。また、微妙な色の違いも重要です。

グレー系のチェック柄を選んだ時でも、チェックの中に入っている色がブルーのものと黒のものとでは印象が変わり、ジャケットとの相性も変わってきます。ジャケットと合わせながら色々と試着してみると良いと思います。


通勤がフォーマルスーツから、オフィスカジュアルに変わったとき、これで服装が楽になると思った人いませんか?

確かにノーネクタイは楽ですが、カジュアルウェアに近い形となると、今回のようにジャケパンスタイルでお洒落に見せることもポイントですよ!

彼女や奥さんがいる方は、ジャケットとパンツの組み合わせを選んでもらう方法もありますが、彼女募集中の方は、スプートニクスなどのキレイめカジュアルのネットショップを利用する方法もあります。

洋服がコーディネートされた状態で購入できるので、カジュアルファッション初心者の方も安心して買い物ができそうです。
posted by キレイめスタイル at 17:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィスカジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オフィスウェアのマナーは、お洒落なシャツだけでなく、清潔感も大切です!

オフィスウエアといえばスーツとワイシャツ。

最近はクールビズの季節になり、ワイシャツを一枚で着ることが多くなったと思います。ワイシャツ一枚のスタイルになると、ちょっとだらしないなぁと思う部分が出てきます。

白いシャツ

@ ワイシャツのシワ

ノージャケットスタイルで目立つのがワイシャツの皺(しわ)です。特に背中がシワシワの人が結構いますね。

一人暮らしの男性だと、アイロン掛けなんて面倒くさいし、している時間も無いし!

という人も多いかもしれません。かといってクリーニングに持っていくとお財布が痛い。。
そんな時はノンアイロンのシャツを選びましょう。

ノンアイロンとは、文字通りアイロン掛けが要らないという意味です。メーカーによっては形態安定などといった表記がされていますが、だいたいがポリエステルなどの合成繊維の入ったワイシャツになります。

合成繊維と聞くと、夏場は暑いイメージがあるかもしれませんが、クールマックスなど、涼しい生地を使ったシャツがたくさん売っていますので、探してみましょう。


A 汗ジミ

これもジャケットを脱ぐと目立ちます。せっかくの白や淡いブルーの清涼感のあるシャツを着ていても台無しです。

特に袖口は黒く汚れている人が多いです。あとは襟の裏の汗染みです。袖口や襟裏汚れ用の洗剤も売っているので、一人暮らしの方はそれでケアすると良いでしょう。

暑い季節にそんなことばかり気にしていられないかもしれませんが、ちょっとのことなので、気をつけてみたら良いと思います。おしゃれだけでなく、清潔感も忘れずに。

青いシャツ

というわけで、どんなにかっこいいシャツ、どんなに高いシャツ、セレクトショップのお洒落なシャツを着ていても、シワシワだったり、清潔感がないと、せっかくの努力が無駄になってしまいます。

特にひとり暮らしの男性の方、仕事が忙しくてなかなか合コンにもいけない方、社内の出会いを無駄にしてはいけませんよ(笑)

まずは、身近な女性に好感を持ってもらえるように、きちんとアイロンをかけた清潔なシャツを着て、会社にいきましょう。

あと、洗濯の時は、粉洗剤よりも液体洗剤の方が使いやすいです。柔軟剤も忘れずに。

posted by キレイめスタイル at 17:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィスカジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クールビズに最適なシャツ選びは? 綿、麻(リネン)、クールマックス

クールビズの季節になりましたが、男性はシャツを着ないといけないんですよね。

高温多湿の日本の真夏に襟付きの服を着て通勤しなきゃいけないなんて、本当に大変です。

そんな中、少しでも快適に夏を乗り切る為の、夏用シャツの素材を紹介します。あくまで体感温度や着心地の話になってしまう部分もありますが、うまく使うことで、オフィスで快適に過ごせるかも知れませんよ。

<クールマックス>

クールマックス

数年前から流行ってますね。スポーツウエアやカジュアルウエアなど、色々なスタイルの服に採用されています。生地がサラッとしていて着た時に涼しく感じます。実際の機能としては、通気性が良いこと、汗を素早く吸ってくること、それから素早く乾かしてくれることがあります。また、合成繊維が入っているので、洗濯のときに軽くシワを伸ばして干せば、アイロンがけ無しでも着られると思うので、一人暮らしの男性にとっても便利ですね。


<綿>

綿100%の生地で出来ているシャツは、アイロンがけをしないとシワシワで着られないですよね。アイロンがけが面倒であまり着ないという人も多いかもしれませんが、この夏は是非着てみて下さい。天然素材の生地は、水性と通気性に非常に優れていると言われています。肌触りも、普通のポリエステル混の生地よりも良いと思います。


<麻(リネン)>

麻のシャツ

麻もまたアイロンがけが面倒な素材なのですが、見た目も着心地も涼しさではNo.1だと思います。汗を吸い取ってくれますし、何より通気性が良いです。体感の話になりますが、個人的にはとっても涼しく感じます。ちなみにリネンとは麻の種類のことです。麻なのにチクチクせず、肌触りが良いです。最近は無印良品などでもリネンシャツが低価格で売られているので試してみてはどうでしょうか。


最近は、オフィスカジュアルが浸透してきて、スーツにネクタイ、猛暑の中、ジャケットまで羽織っている人は少なくなってきました。

オフィスカジュアルやクールビズは、エアコンの温度を控えめに設定できるなど、エコの視点でもメリットは大きいですが、実際に働く会社員の方にとってのメリットも大きいですね。

でも、ただ単にスーツからネクタイを外しただけでは、だらしなく見えてしまいますよ!

ネクタイをしない分、シャツの選び方がポイントです。今回の記事を参考にしながら、職場でもきれいめ系のファッションができるように、シャツ選びにも着目してみましょう。
posted by キレイめスタイル at 15:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィスカジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性から見たクールビス。男性の半袖シャツはナシ!?

オフィスカジュアル

クールビズの季節になりました。電車に乗るとつい、みんな何を着て会社に行くのかなーと観察してしまいます。程よくカジュアルダウンしたクールビズウエアを着ているおしゃれ男子もいれば、営業先に行く途中なのか汗をかきかき真っ黒なスーツを着ている人も見受けられます。

会社や職種によって色々とルールがあるとは思いますが、実は、一般的に女性から見て、「これはナシ!」というメンズのクールビズスタイルがあるので紹介します。


1. 半袖

半袖のワイシャツを着られている男性方は非常に多いと思いますが、正直、女性からの評判は悪いです。ダイレクトにその理由を言ってしまいますと、@格好悪いから。A 脇が見えるから。なんです。

1 については、多くのビジネス用半袖のシャツがおじさん臭いということが一つの理由です。アームホールが大きく、袖がダボダボしていて長い。その見た目のイケてない感が女性に嫌がられる場合があります。ちなみに、おしゃれ紳士の多いヨーロッパではビジネスウエアとして半袖を着ないそうです。

2 はそのままです。代表的なシチュエーションとしては、半袖を着ている男性が電車のつり革につかまっている時です。袖がだぼだぼなので、脇というか、シャツの中が全開です。
  

2. ゴテゴテのデコラティブシャツ

クールビズになると、ちょっとボタンに色の付いたシャツや、襟の裏に柄が付いたシャツなどを着る人もいると思います。デュエボットーニ(第一ボタンが二つあるシャツ)などもよく見ますね。しかし、たまに見るのが、ボタンの数が異様に多かったり、襟の裏の生地がめちゃくちゃ派手だったり、過剰装飾気味なシャツです。本人はおしゃれのつもりでも、女性の評判は良くないです。


3. 肌着が見えてる

クールビズになって第1ボタンを外している男性がほとんどだと思うのですが、下に着ている肌着が見えちゃっている人がいます。どんなに仕事が出来る人でもシャツの下から丸首のB.V.Dが見えていたらがっかりです。襟の開けすぎに注意して、程よく襟が立つスプレッドカラーのボタンダウンなどを選ぶといいと思います。冬でもノータイの人はヒートテック的なものが見えている場合があるのでそれも注意です。

オフィスカジュアル

いかがでしたか?

これは大丈夫! と思っていたものが結構ヤバイ。。。って感じだたのではないでしょうか。
男性から見たらOKのファッションであっても、女子から見るとNGファッションって以外に多いものです。

特に、普段はフォーマルなスーツでビシッと決めている人が、オフィスカジュアルになった途端に、わけの分からないファッションセンス全開!!! なんてことになったら、本当に残念です。

カジュアルな職場の方が増えて着ているようですが、ファッション的には、フォーマルなスーツの方が良かったのかも知れませんね。

彼女がいる方は、是非とも彼女に選んでもらいましょう! 特にワイシャツ。

彼女がいない方、募集中の方は、スプートニクスなどのキレイめファッションを扱っている洋服の通販(可能ならコーディネートした状態で売っているところ)を選んでおきましょう。
posted by キレイめスタイル at 22:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィスカジュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。